インテリアスタイル : エレガンス クラシカル
クリムトの「メーダ・プリマヴェージ」は描かれた彼女自身が当時の自分を自立していて自己主張の強い少女だったと語っておりその特徴がよく表現されています。そこにルドン後期の作品「花束」やモネの絵画を加えることで気品と気高さのある壁に。

メーダ・プリマヴェージ
グスタフ・クリムト
1862年-1918年
花束
オディロン・ルドン
1840年-1916年
女性の半身像
グスタフ・クリムト
1862年-1928年
モクレンの花柄のデザイン画
レノックス社
19世紀ごろ
木馬の上のジーン モネ
クロード・モネ
1840年-1926年

5商品中 1-5商品

>